FC2ブログ
大分県佐伯市特産品販売店 さいきりーふ
大分県佐伯市の美味しいもの、楽しいことなどをご紹介♪
東京都品川区の『大分名物とり天処 つよし』様からお問い合わせのお電話を頂きました(*≧∀≦*)
みなさん、こんにちは

今日からまた4連休の方もいらっしゃることと思いますが、この4連休中はお天気も良さそうなので、気分良く出かけられそうですね

これから私も、近場ですが、コスモタウンというところに「ケーブルテレビ佐伯」の新スタジオが建設され、そのオープンイベントがあるらしいので、ちょこっと覗いてこようと思っています

ところで、昨日一本のお電話を頂きました

最初の挨拶で「とり天つよしです~」と言うので「あぁ~!お名前は存じ上げております!」と言うと、「伊藤彩子さんを通じてフェイスブックでよく見ていてお電話しました」と言っていただき、ちょっとテンションションアップ

この「伊藤彩子」さんと言う方はすごい方で、「特定非営利活動法人大分人祭り 理事長」をされている方。

大分県をこよなく愛する素晴らしい方です。

至る所で大分県人や大分県とご縁のある方々とイベントをしたりして、大分県のPRをしてくださっているのです(*≧∀≦*)

以前、佐伯市にも来てくださって、私もお会いしましたが、本当に素敵な女性でした

そして、フェイスブックでつながっているのですが、その「伊藤彩子」さんがよく利用されているお店の一つに、東京都品川区の『大分名物とり天処 つよし様があって、よくフェイスブックでも名前はお見かけしていました。

その『大分名物とり天処 つよし』様からお問い合わせがあるなんて

やはり、インターネットやフェイスブックはすごい

問い合わせ内容は内緒にしておきますね

また、佐伯市のおいしいモノを東京の方に食べていただけると思うと、何だか嬉しいマヤ店長でした

お近くの方は、是非『大分名物とり天処 つよし』に行ってみて下さいね

●大分名物とり天処 つよし
 東京都 品川区旗の台3-12-2 マドレーヌビル2F
 03-3782-8990
http://toritendokoro-tsuyoshi.com/



佐伯市報の背表紙に、当店お取り扱い商品が4品も掲載されていました(*≧∀≦*)
みなさん、こんにちは

ゴールデンウィークの中休み、みなさんいかがお過ごしですか

私の住んでいるこの佐伯市では、毎月1日と15日に、市報が発行されます

田舎なので、この市報が唯一の町の情報誌と言ってもいいぐらいで、私は発行日を楽しみにしているのですが…

最近では、毎月1日号の背表紙でカラーで紹介される「うめ~どinさいき さいき殿伝金賞認証品」のコーナーがめちゃめちゃ楽しみなんです

「当店の取り扱い商品はあるかな~?」とか、「どんなふうに紹介されるてるのかな~?」とか、楽しみに見ています

5月1日号は、6品紹介され、そのうち4品も当店お取り扱い商品が
めちゃめちゃうれし~

『岩牡蠣(いわがき)』、『因尾茶』、『挽茶まんじゅう』、『佐伯ごまだし』です



佐伯市の美味しいモノ、スグレモノ達が全国、全世界に広まって行きますように

これからも、頑張ります


佐伯市のスグレモノを探すならココ
●佐伯市スグレモノ情報館←クリックしてね

佐伯市のスグレモノを買うならココ

●さいきりーふ←クリックしてね



今日から5月ですね(^^) 抗アレルギー作用のある『紅婦貴(べにふうき)』のお話をちょっと♪
みなさん、こんにちは

今日は一歩も外に出ていないマヤ店長です

これから夕飯の買い物に、歩いて5分のスーパーへ、歩いていこうと思っています買い物



↑この似顔絵、私です(^_^;
スマホアプリでお友達が作ってプレゼントしてくれました

このイラストのように、キラキラ、ピカピカで笑顔で毎日過ごしたいですね

今月は、『因尾茶(いんびちゃ)』『岩牡蠣(いわがき)』も販売開始予定なので楽しみです

まだハッキリ決まってはいないのですが…

『因尾茶』の葉を、因尾茶とは違う製造方法で作った『紅婦貴(べにふうき)』というお茶があります茶

この『紅婦貴(べにふうき)』抗アレルギー作用があるとか

春は花粉症がひどくなる方も多いのでは

ウィキペディアで調べてみました

-----------------------------------------------------
べにふうき
べにふうき(紅富貴)は、べにほまれと枕Cd86を交配した後代のアッサム種に近い茶品種である。紅茶、半発酵茶の用途として開発された。
アレルギーを抑制する可能性があるメチル化カテキンを豊富に含み緑茶として飲用することによって同カテキンを多く摂取できるとされ、商品化されている。
メチル化カテキンは、エピガロカテキン-3-O-(3-O-メチル)ガレートと厳密には呼ぶ。
作用としては、マスト細胞からヒスタミンが放出されるのを抑制し、マスト細胞上の高親和性IgEレセプタの数を減らすことによって、アレルギー症状の発現を軽減する可能性がある。
緑茶としてのべにふうきには、好酸球の遊走、炎症性タンパク質やサイトカイン産生を抑制する作用も示されており、メチル化カテキン以外の活性成分の含有が示唆されている。
-----------------------------------------------------

私のお友達でも「べにふうき」を毎日飲んでいるという人がいて、アレルギーが緩和されてとてもいいので『紅婦貴(べにふうき)』売ればいいのにと勧められました

私も以前、頂いて飲んだことがあるのですが、少し渋みが強いかもしれませんが、因尾茶の好きな人ならぜーんぜん問題ないと思います
私は大変美味しくいただきました

生産者さんにもこの話をして、良かったら販売させてくださいとお願いしているところです

花粉症の方などに、是非一度試していただきたい商品です

お薬ではない、自然食品などでつらい症状が緩和されるなら、試してみる価値はありますよね

みなさまにお届けできるよう、頑張ります