大分県佐伯市特産品販売店 さいきりーふ
大分県佐伯市の美味しいもの、楽しいことなどをご紹介♪
今日から5月ですね(^^) 抗アレルギー作用のある『紅婦貴(べにふうき)』のお話をちょっと♪
みなさん、こんにちは

今日は一歩も外に出ていないマヤ店長です

これから夕飯の買い物に、歩いて5分のスーパーへ、歩いていこうと思っています買い物



↑この似顔絵、私です(^_^;
スマホアプリでお友達が作ってプレゼントしてくれました

このイラストのように、キラキラ、ピカピカで笑顔で毎日過ごしたいですね

今月は、『因尾茶(いんびちゃ)』『岩牡蠣(いわがき)』も販売開始予定なので楽しみです

まだハッキリ決まってはいないのですが…

『因尾茶』の葉を、因尾茶とは違う製造方法で作った『紅婦貴(べにふうき)』というお茶があります茶

この『紅婦貴(べにふうき)』抗アレルギー作用があるとか

春は花粉症がひどくなる方も多いのでは

ウィキペディアで調べてみました

-----------------------------------------------------
べにふうき
べにふうき(紅富貴)は、べにほまれと枕Cd86を交配した後代のアッサム種に近い茶品種である。紅茶、半発酵茶の用途として開発された。
アレルギーを抑制する可能性があるメチル化カテキンを豊富に含み緑茶として飲用することによって同カテキンを多く摂取できるとされ、商品化されている。
メチル化カテキンは、エピガロカテキン-3-O-(3-O-メチル)ガレートと厳密には呼ぶ。
作用としては、マスト細胞からヒスタミンが放出されるのを抑制し、マスト細胞上の高親和性IgEレセプタの数を減らすことによって、アレルギー症状の発現を軽減する可能性がある。
緑茶としてのべにふうきには、好酸球の遊走、炎症性タンパク質やサイトカイン産生を抑制する作用も示されており、メチル化カテキン以外の活性成分の含有が示唆されている。
-----------------------------------------------------

私のお友達でも「べにふうき」を毎日飲んでいるという人がいて、アレルギーが緩和されてとてもいいので『紅婦貴(べにふうき)』売ればいいのにと勧められました

私も以前、頂いて飲んだことがあるのですが、少し渋みが強いかもしれませんが、因尾茶の好きな人ならぜーんぜん問題ないと思います
私は大変美味しくいただきました

生産者さんにもこの話をして、良かったら販売させてくださいとお願いしているところです

花粉症の方などに、是非一度試していただきたい商品です

お薬ではない、自然食品などでつらい症状が緩和されるなら、試してみる価値はありますよね

みなさまにお届けできるよう、頑張ります

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック